佐賀県小城市の地域資源を活かして持続可能な里山再生を実現!

天山巨石巡りルート開拓12回目

6月8日(火)

天山巨石巡りルート開拓12回目。今日はベースキャンプの田中社長と時計回りフルコースを歩きました。8:30。標高380m の林道入り口からスタート。

いきなり最初の渡渉のところを間違えてしまいましたが、目印がないこと、藪がひどすぎることですぐ気づき引き返したので大事には至りませんでした。

その後は目印もあり、藪も解消されていて非常に歩きやすかったです。急斜面もありますが、見知らぬ方がロープを張ってくれていたので難なく登れました。

一の滝、二の滝、炭焼き跡などを通過して10時過ぎに第一ポイントの石室&ヤマモミジ着。田中社長もこのヤマモミジと緑の空間に感激されていました。

この日小城は最高気温33度まで上がったらしいのですが、山の中は樹々に覆われ、また渓流もありとても涼しかったです。

少し休憩して、再び登ります。急斜面が続きますが、ゆっくり確実に歩を進めます。

11時半に第2ポイントの鬼ノ鼻到着。何度来てもこの巨石群は迫力満点。ここで昼食。

ゆっくり休んで今度は第3ポイント「殿石」へ。

ここも急斜面。おまけに途中から熊笹の藪が待ち構えていますが、目印もわかりやすく、熊笹はどなたかが刈ってくれていてだいぶ歩きやすかったです。

殿石からの絶景はやや霞んでいましたが、心が洗われます。

続いて殿石から九州自然歩道に出る熊笹の藪もすっかり道になっていてスムーズ。後は七曲峠まで九州自然歩道の整備された道。七曲峠からは国体山岳コースを下りていきました。

最後に石体の氏神様が祭られている祠へ。ご神体の岩の形が神秘的で気持ちのいい空間です。

15時半にゴールの不動の滝公園駐車場着。今回は既に行ったことのあるルートの復習でしたが、最後までスムーズで予定より早く終わることができました。

思い起こせば、ちょうど1年前の去年6月に天山巨石巡りルート開拓がスタートしました。その時も田中社長と2人。何のあてもなく天山南斜面を彷徨いながら登りましたが、石室も何もかも発見できず。下山も道に迷ってしまい、田中社長がロープを持っていたのでそれで命辛々?下山することができました。

1年でここまで来ることができました。今後は初心者でも行けるようなルートづくりや新たな巨石探しなど。少しずつ着実に進めていきたいと思います。